【現役大学生】20社内定の就活体験談

都内在住の大学生です。実体験から、ダイエット・就活・資格等の情報を発信します。

【23・24卒】面接前にやるべきこと3選

今回は、面接前に確認すべきことや、やっておくべきこと3つをご紹介していきます。

私の実体験をもとに記していますので、ぜひ真似してみてください!

 

今回の記事

 

・面接前には必ず〇〇をチェックせよ!

・当たり前⁈〇〇の確認!

・メンタルチェック⁈〇〇の意思を持て!

・最後に

 

 

【面接前には必ず〇〇をチェックせよ!】

 

面接前には必ず過去質問集をチェックしましょう。

過去に何を聞かれているのかの傾向を把握することで、面接で有利に進めることができるようになります。

もし過去質問の傾向がつかめず、様々なことを聞かれているとしたら、面接官の裁量で面接を進めている可能性があります。

 

ほとんどの会社は聞く質問がテンプレートのように決まっているため、過去質問集をチェックしておけば問題はないはずです。

私が実際に使っていたアプリはワンキャリアです。

皆さんも使っていると思いますが、かなりおすすめです。

 

また、就活生の生の情報が聞けるサイトもかなりおすすめです。

なぜかというと、実際に昨日面接だったというような学生が集まるからです。

以下のアプリは、実際の内定者の声が聞けるため、内定をゴールにしている就活生にとってかなりおすすめです。

 

 

【当たり前⁈〇〇の確認!】

 

当たり前⁈採用マイページの確認です!

採用マイページをチェックすることは必要不可欠です。

当日の事務的案内もそうですが、マイページで記載されている情報を収集することはもっと大切です。

例えば、採用メッセージや、今までのイベントの振り返りです。

思い出すだけでもかなり有効です。

 

【メンタルチェック⁈〇〇の意思を持て!】

 

メンタルチェック⁈絶対に入社するという意思を持て!

面接に臨む場合、その会社で働くことを前提で面接を受けています。

しかしながら就活では複数の企業を受けたり、第二志望群の企業を受けたりとするため、その会社で働く自分自身が想像できないかもしれません。

面接では覚悟を持った人でないと、魅力も薄くなりますし、面接官にも伝わってしまいます。

そのため、その会社で働く覚悟を持って面接に挑むようにしましょう。

また、入社の意思があることが伝われば面接官も楽しく会話をしてくれると思います。

面接を全力で楽しみましょう。

 

 

【最後に】

 

面接では、事前準備と強靭なメンタルが必要です。

たくさん面接を受けていればいいですが、そうでない方もいらっしゃると思います。

 

「俺を取らないともったいないぞ」という気持ちで挑みましょう。

そのオーラが面接官に伝わります。

 

何度も練習を繰り返して、自信をつけましょう!

今日も行動して就活成功への道を歩んでいきましょう!

 

【就活体験談】就活で買ってよかったもの3選

今回は個人的に就活で買ってよかったものを3つ紹介します。

おすすめする理由や、おすすめポイントを3つ載せていますので

就活を成功させたい!という方はぜひ参考にしてください。

 

今回の目次

 

面接やGDで評価が格段に上がったある本

面接で映りがよくなった便利アイテム‼︎

選考への労力が格段に楽になった⁈



 

【面接やGDで評価が格段に上がったある本】

 

一つ目は、

「東大生が書いた議論する力を鍛えるディスカッションノート

「東大生が書いた問題を解く力を鍛えるケース問題ノート」です。

 

面接において、ロジカルシンキングを身につけることは非常に大切です。

私は以下の二冊をもとにグループディスカッションや、ケース面接などをうまく進めていました。

ここに書いてあることを意識することで、三菱商事のケース面接や、コンサルティングファームのケース面接に通過してきました。

ぜひ活用してください。

 

おすすめポイント3点!

1点目→再現性が高い。

面接ではこの本に書いてある形で進められるパターンが多いです。それはこの本を見て実戦の場で行なっている人が多いからです。

この本は非常にわかりやすく、簡潔にまとまっているので誰でも明日から真似ができます!

 

2点目→面接での考え方が身につく。

面接ではどのように答えたらロジカルだと思われるかなどの思考法がみっちりと学べるため、面接での受けごたえも変わってきます。しっかりアウトプット(面接)の数をこなせば、面接では落ちない仕組み作りに成功します。

 

3点目→社会人になっても役に立つスキル

この本は、実は就活生以外にも社会人にも人気なのです。

理由は上記で述べた、ロジカルシンキングが学べたり、物事の本質を理解するのに最適な本だからです。

したがって、この本をマスターしておけば社会人になっても議論の際には本質を捉えた議論ができるでしょう。

 

是非何度も読んでマスターしましょう!

 

商品のページはこちらからご覧いただけます。

東大生が書いた議論する力を鍛えるディスカッションノート 「2ステージ、6ポジション」でつかむ「話し合い」の [ 吉田雅裕 ]

価格:1,650円
(2022/6/12 21:32時点)
感想(1件)

東大生が書いた問題を解く力を鍛えるケース問題ノート 50の厳選フレームワークで、どんな難問もスッキリ「 [ 東大ケーススタディ研究会 ]

価格:1,650円
(2022/6/12 21:33時点)
感想(1件)

 

【面接で映りがよくなった便利アイテム‼︎】

 

面接において、目線を同じにするために、PCスタンドを購入しました。映りが格段に良くなり、面接時に自信を持って振る舞うことができました。

安いので、相手に良い印象を与えるための買い物と考えればかなり破格です。

また、手元が少し余裕ができるので、スペースを活用して、面接のカンペなどを置いて面接に挑んでいました。

 

皆さんも就活で成功させるためにはこのような地道な気遣い心がけましょう!

 

おすすめポイント3点!

1点目→映りが良くなる。

面接ではなるべく自分自身のベストのコンディションで望みたいですよね。

映りが良くなかったり、視線が異なると、面接官から悪い印象を持たれるかもしれません。

これらを回避するためにもスタンドは持っておくべきです。

 

2点目→安い。

圧倒的なコストパフォーマンスを発揮してくれます。

1,000円以下であるため、1時間アルバイトをすれば買えると考えれば安いでしょう。

 

3点目→手元に余裕ができる。

パソコンを置いていたら手元は何も置けないですよね。

しかし、こちらを使うことで手元に余裕ができ、面接でのカンペやノート、メモなどを置いておくことが可能です。

 

マスク全品値下中!【1年保証】ノート パソコン スタンド ノートPCスタンド タブレット 視聴 パソコン スタンド 楽譜 折りたたみ 机上 台 ホルダー 7段階 高さ調整 軽量 姿勢 改善 滑り止め アルミ合金 放熱 在宅勤務 リモート テレワーク mb141

価格:878円
(2022/6/12 21:38時点)
感想(14件)

 

【選考への労力が格段に楽になった⁈】

 

選考では、必ずと言っても良いほどあることを行います。

それはWebテストです。

このWebテストをいかに楽に進めるかによって就活が楽になるかが変わります。

 

3つ目の買ってよかったものはWebテスト解答集」です。

 

おすすめポイント3点!

 

1点目→時間効率が圧倒的にいい。

まずは、時間対効果がかなり発揮できるポイントが魅力です。

従来、自分で解くとなると労力もかかるため、その労力がなくなると考えたらかなり楽になりますよね。

 

2点目→企業へのエントリーのハードルが下がる。

企業のエントリー数を増やすことで、内定獲得数も自ずと増えていきます。たくさんエントリーしたはいいものの、Webテストが面倒であるという人もいるのではないでしょうか。

そのような方は解答集を使うべきです。

 

3点目→正答率が一定であるため、Webテストで落ちなくなる。

実際に私が使っていたものは数学に関しては満点続出していました。人事からのフィードバックでびっくりしたことがあります。

その体験談も下の記事で書いているので是非ご覧ください。

 

私は、某フリマアプリで複数購入しましたが、出品者によって質がかなり異なります。

これはかなり問題だと感じました。

詳しくは下記にまとめていますので、ぜひご覧ください。

この記事の最後には、Webテスト解答集をプレゼントしていますので気になる方はご連絡ください。

 

rshukatsu.hatenablog.com

 

それでは今日も行動して就活成功への道を歩んでいきましょう!

 

【23卒24卒】新卒で一番年収が高い企業って知ってる?

今回は、私が内定を頂いた企業についてお話していきます。

(こちらの記事は消す可能性があります。)

私は、就活で年収を意識していました。

そして、結果的に東洋経済新聞が出している年収企業ランキングでTOP10の中から2社内定を頂きました。

 

結論から申し上げると、キーエンス「ストライク」という会社です。

キーエンスは聞いたことがあるのではないでしょうか。

今年の平均年収が更新されていました。

2,182万円だそうです。かなり高いですね。

 

今回は謎多き会社キーエンスについてお話していきます。

また、一般的に公開していない部分に関しては、非公開にします。

選考についてや詳しい話を聞きたい人は、私のマッチャーまでお越しください。(24卒大歓迎)

就活相談にのるので、【23卒】とにかく内定が欲しい!という人応募待ってます | Matcher(マッチャー)

 

こちらの記事の最後には、有益な情報を載せております。

キーエンスの選考を有利に進められるものを載せていますので最後までご覧ください。

 

 

今回の目次

 

キーエンスとは⁈

インターン選考フロー

本選考フロー

選考の対策方法

リファラルについて

 

キーエンスとは⁈】

 

キーエンスとは日本の精密機器メーカーです。

この会社は自社で工場を持たないファブレス経営をしており、高い収益率、利益率を誇る企業で有名です。

また、年収企業ランキングでは堂々の2位にランクインしています。

ちなみに1位は、M&Aキャピタルパートナーズです。この会社は新卒採用をしていないため、

実質、新卒で入る会社で最も年収が高い企業がキーエンスです。

キーエンスは日本三大営業会社と言われております。

キーエンス野村證券リクルート

上記の三社が営業会社です。

まだまだキーエンスについて説明したいのですが、

就活生は、キーエンスを高年収で営業が強い会社と覚えておきましょう。

 

インターン選考フロー】⇦ご希望の方のみ個別でお伝えしています。

 

インターンに参加することで本選考の一部がパスになり、さらに早期選考に乗れるため非常に有利になります。

 

選考は合計4〜5回あります。

 

 

【本選考フロー】⇦ご希望の方のみ個別でお伝えします。

 

こちらも内定まで選考が4〜5回です。

インターン参加組と本選考組で若干異なります。

本選考ではキーエンス特有の面接が行われます。

切り抜いている動画があったのでぜひ見てみてください。

謎の面接⁈年収日本一企業の採用面接とは⁈ - YouTube

 

【選考の対策方法】

 

「選考への対策はできない」という意見が多数あります。

しかし、私はすべての選考で対策ができると思います。

ここでは抽象的ではありますが、普段から意識しておくべきことを共有します。

それは、日頃から物事に対して「なぜ?」と考える癖をつけることです。

満員電車に乗った際に、

なぜ今ここは満員電車なんだろう?

今何人乗っているのだろう?

この広告の費用対効果はどのくらい出ているのだろう?

などと、身の回りのものに対して考える癖をつけていれば自然とロジカルシンキングができるようになります。

より具体的に対策していた内容に関しては、直接お伝えいたします。

 

リファラルについて】

 

選考の情報が他の学生よりも早く受け取れたり、キーエンスの詳しい情報が載っています。

選考を受ける可能性がある人は登録することをお勧めします。

登録はこちらをクリックください。

 

それでは今日も行動して就活成功への道を歩んでいきましょう!

 

【総集編】何をすればいいのかわからない人向けに

今から何をすればいいんだろう何か行動を起こしたいという人はこちらの記事を最後までご覧ください。

課題別に見るべき記事を載せていますのでぜひご覧ください。

 

 

rshukatsu.hatenablog.com

 

 

今回の目次

 

ES提出に困っている人向け

ガクチカの書き方がわからない

自己PRの書き方がわからない

面接対策がしたい

企業をもっと知りたい

踏み台企業で面接練習をしたい

Webテストに苦しんでいる

 

 

【ES提出に困っている人向け】

 

ESに関してどのように書けばいいのかわからないという人は是非こちらの記事をご覧ください。

 

rshukatsu.hatenablog.com

 

ここで大切なことをお伝えすると、基本的にはワンキャリアを参考にし、文章をコピペして自分なりに書き換えましょう。

私はその手法で三菱商事ソニーグループの最終面接まで進みました。

落ちましたが。。

 

ガクチカの書き方がわからない】

 

ガクチカに関しては、目標→課題→施策→結果という流れで書きましょう。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

rshukatsu.hatenablog.com

 

 

【自己PRの書き方がわからない】

 

自己PRの書き方がわからない、ガクチカとの違いをどうすればいいのか?と思っている人はいないでしょうか。

違うエピソードにすればいいんでしょう?と思っている人が多いと思います。

しかし、実は書き方そもそも違うのです。

詳しくは以下の記事に書いているのでぜひご覧ください。

 

rshukatsu.hatenablog.com

 

 

【面接対策がしたい】

 

面接の練習をしたいと思っている人はいないでしょうか。

今後サマーインターンの面接が待っています。

面接では、たった二つのことを意識すれば、合格率、通過率が上がります。

その手法を以下で詳しく書いていますのでぜひご覧ください。

 

rshukatsu.hatenablog.com

 

 

【企業をもっと知りたい】

 

そもそも受ける企業や知らなかった企業をもっと知りたいという人はいないでしょうか。

そんな方々は、エージェントや逆スカウトのアプリを使い、面接を受けまくりましょう。

私は、すぐに面接を受けられる企業や、就活の軸に合いそうな企業を見つけてもらい、面接を数多くこなしていました。

 

 

rshukatsu.hatenablog.com

 

 

【踏み台企業で面接練習をしたい】

 

自分自身が納得できる企業の面接を受けたいという人は、逆スカウト型のアプリを入れるといいでしょう。

 

オススメのアプリを1つ紹介します。

何度も言っていますが、大企業からスカウトが来るため非常にオススメです。

 

 

Webテストに苦しんでいる】

受ける企業を増やしたはいいものの、それぞれの企業でWebテストが課されて大変だという人はいないでしょうか。

そんな方々は、以下の記事をご覧ください。

最後にはWebの解答集をプレゼントする方法を記載しております。

 

rshukatsu.hatenablog.com

 

 

この記事をブックマークして、いつでも見返せるようにしましょう。

それでは今日も行動して就活成功への道を歩んでいきましょう!

【内定辞退】メールで辞退連絡はOK⁈(テンプレ付き)

今回は、実際に体験した内定辞退に関するお話をしていきます。

先日、「御社に行きます!」と言った企業の内定を辞退しました。

そこで色々言われた企業や、逆に応援してくれた企業までたくさんありました。

基本的には内定後の辞退で問題ないです。

むしろ、内定承諾後の辞退でもいいのではないかと思います。

 

rshukatsu.hatenablog.com

 

 

今回の目次

 

・内定後の辞退について(就活生の考え方)

・内定承諾後の辞退について

・メールでの辞退について

・メールテンプレ

・実体験

・最後に

 

【内定後の辞退について】

 

内定を何社も頂いて、すぐに辞退した企業もあれば、ギリギリまで考えた企業もありました。

私からのアドバイスとしては、迷った場合、承諾しましょうということです。

新卒カードを使えるのは一度しかありません。

そして就活を上手く進めるために、御社に入社しますと言い切ることは重要です。

まずは内定を取るという目標を掲げている就活生は、内定のために何ができるのか?と考えましょう。

 

 

【内定承諾後の辞退について】

 

法律的に言うと、内定承諾後の辞退はOKです。

したがって、法的拘束力がない分、就活生に有利に進められます。

覚えておきましょう。

 

私は、実際に内定承諾をせずに断っており、非常に後悔した記憶があります。

行く可能性が高かった場合、内定承諾をしましょう。

内定承諾後の辞退に関しても問題ないです。

毎回承諾後の辞退者が一定数いるとのことですが、それは仕方ないです。

 

 

 

【メールでの辞退】

 

私は1社以外の企業の辞退連絡をメールでしました。

「直接言いに行くべきだ、せめて電話で辞退しよう」

と言いますが、経験上感じることは、メールでも電話でも同じだということです。

企業は採用をあなただけにしているわけではありません。

また毎年辞退枠を用意して内定を出しています。

 

そのため、辞退そのものに引け目を感じることはありません。

 

電話よりもメールが楽だと思いますので是非メールで送りましょう。

 

【メールテンプレ】

 

ここからはメールテンプレを載せます。

ぜひ使ってください。

 

【内定辞退】

 

◯◯株式会社 人事部◯◯課
採用担当 ◯◯さま

 


お世話になっております。

〇〇大学の〇〇です。

この度は、採用内定の通知を頂き、誠にありがとうございました。

このような光栄なお知らせをいただきながら、誠に恐縮なのですが、貴社の内定を辞退させていただきたく、ご連絡を差し上げました。

 

就職活動に際し、自身の適性をあらためて鑑みた結果、別の会社とのご縁を感じ、誠に心苦しい限りですが、貴社の内定を辞退させていただきたく存じます。

 

貴重なお時間を割いていただいたにも関わらず、このようなお返事となり、誠に申し訳なく、心よりお詫び申し上げる次第です。

 

メールでのご連絡となりますことを何卒ご了承いただきたくお願い申し上げます。

末筆ながら、貴社の益々の発展をお祈り申し上げます。

 

 

 

○○株式会社
○○様

お世話になっております。内定の通知をいただきました、〇〇です。


先ほどお電話させていただきましたが、ご多忙のようでしたので、メールにて失礼いたします。

 

この度は内定のご連絡をいただき、誠にありがとうございました。


このようなうれしいお知らせをいただきながら誠に恐縮なのですが、検討の結果、内定を辞退させていただきたくご連絡を差し上げました。

 

履歴書や職務経歴書にお目通しをいただいたり、面接でのご対応をしていただいたりと、貴重なお時間を割いてくださったにもかかわらず、このようなご連絡になりますことを大変心苦しく感じております。

 

本来であれば貴社へお伺いし、直接お詫びをするべきところではございますが、メールでのご連絡となるところを、何卒ご容赦いただきたくお願い申し上げます。

 

面接をご担当いただいた○○様をはじめ、採用に関わってくださった皆さまには、心より感謝しております。
最後になりますが、貴社の益々の発展を心よりお祈り申し上げます。

 

【選考辞退】

株式会社 様

 


お世話になっております。

〇〇大学の〇〇でございます。

〇月○日に予定しておりました面接ですが、他社に内定を頂いたため、辞退させて頂きたくご連絡いたしました。

お忙しいところ貴重なお時間をいただいたにもかかわらず、このような結果となり、申し訳ございません。

身勝手なお願いで大変恐れ入りますが、何卒ご理解、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

本来直接おわびすべきところでございますが、
メールでのご連絡となりましたことを重ねておわび申し上げます。


末筆ながら、貴社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。

 

【実体験】

私は大手金融機関(証券会社)を見ておりました。

そして本選考に進んだ企業全てから内定をいただくことに成功しました。(銀行系証券)

 

御社に入社しますと言いながら辞退したわけですが、(行きたい気持ちはあった)

ここで大事なことは、「その会社を除いたら御社に入社するつもりだった」と言うことです。

しっかり最後まで考え抜いて家族全員で出した答えだと言えば、納得してもらえるはずです。

 

緑銀行系の証券会社では、私が入社すると思われていたため、「え、どうしちゃったの?」と言われました。

心苦しい限りではありますが、私情を挟んではいけないため、苦渋の決断だと押し切りました。

 

そして赤銀行系の証券会社では、「〇〇さんが他を見ていることは知っていたから、その中でもうちの選考を受けてくれてて嬉しいです」と言われました。

人事の方の優しさに涙が出そうになりました。

 

青銀行系の証券会社では、メールで連絡した後、

電話はかかってこなかったです。

 

ここで何を言いたいかと言うと、内定後の辞退は問題ないということです。

特に大手企業だった場合、セカンドキャリアでの入社は限りなく0に近いので、印象が悪くなったところで決して問題ないです。

そして6月以前に内定をいただいた企業に関しては、承諾していいと思います。

 

【最後に】

23卒の学生は、私と同じような悩みを抱えているのではないでしょうか。

この記事を見て、内定辞退に関しての心持ちが楽になれば嬉しいです。

そして24卒の学生は、これから就活が始まり、いずれ内定をもらうと思います。

したがって、内定後の辞退についての知識をつけてもらえればと思います。

 

今日も行動して就活成功への道を歩んでいきましょう!

 

 

 

 

【FP】FP3級・2級は就活に役に立つ?

今回はFPを取得している就活生、もしくは取得しようと思っている就活生向けにお話していきます。

 

資格は自分自身の価値を形に残す手段です。

いわゆるTOEICと同じです。

アピールするのにいいのか?という観点で話していきます。

 

今回の目次

 

・FPってなに?

・FPって就活に役に立つ?

・FPってどれくらいで取れるの?

・最後に

 

【FPってなに?】

 

FPとは、ファイナンシャルプランナーのことです。幅広い金融知識を学ぶことができ、3級までは家計簿をつける主婦が取って金融リテラシーを高めている例もあります。

2級は実務レベルになり少し難しいです。

勉強すれば誰でも取れる資格です。

合格率は高いため、他の資格よりも簡単に取れるでしょう。

 

【FPって就活に役に立つ?】

 

結論→役に立ちます。

大前提覚えてほしいのが、

「就活では資格の知識を評価されるのではなく、取らなくてもよかったものをわざわざ時間をかけて取得したことを評価しているのです。」

資格勉強で覚えた知識はたかが知れています。

(公認会計士などの難関資格は話が異なります。)

金融機関に勤めない限りFPの知識が就活に役に立つことはないです。

 

したがって、資格取得の学習に関しては、なぜ取り組んだのかという部分が非常にアピールになります。

成長意欲や勤勉であること、ストレス耐性などをアピールできるチャンスです。

これらをアピールしましょう!

 

【FPってどれくらいで取れるの?】

3級→1ヶ月〜3ヶ月

 

3級は、誰でも取れます。

取ろうか迷っている人は、すぐに行動に移していいでしょう。

勉強方法に関してはこちらに記載しております。

ぜひご覧ください。

 

 

rshukatsu.hatenablog.com

 

2級→3ヶ月〜6ヶ月

 

2級は、本腰を入れて勉強する必要があります。

3級を取らなければ2級にチャレンジできません。

(金融機関に勤めていた経験があるならば別)

したがって、3級をしっかりと勉強していた人であれば、プラスで3ヶ月勉強すれば大丈夫です。

 

では一日に何時間勉強すればいいの?ということを説明すると、

結論→1時間〜4時間です。

これを3ヶ月続ければいいでしょう。

 

しっかりコミットする必要があるので、就活との兼ね合いなどが厳しい部分が強いです。

私は、2年生から勉強しておりましたので、3年になったばかりで取得することができました。

 

その後、宅建の資格に挑戦し、取得することに成功しました。

 

宅建に関する記事はこちらに記載しているため、ぜひご覧ください。

 

【最後に】

資格を取ろうと検討している人は、その時点で一歩リードです!

そのまま行動に移しましょう。

そして、就活で無双しましょう!

 

それでは今日も行動して就活成功への道を歩んでいきましょう!

 

 

 

【24卒】ESの書き方・時間短縮法

大量のESが押し寄せてて辛い!と言う人はいないでしょうか?

そんな方々に、ESを大量生産できるコツや、調べ方などをお話ししていきます。

今後企業を増やしていくためにはESをしっかり短時間で書くことが大事です。

 

今回の目次

 

ESとは?

時間短縮の方法?

これから就活を始める方にメッセージ

 

【ESとは?】

 

まず、ESとは何かを簡単に説明します。

こちらにも記載のものを書いています。

 

ESとは、エントリーシートの略です。

サマーインターン・ウィンターインターン・本選考では、

 

ES→WEBテスト(テストセンター)→面接(複数回)→インターンor内定

 

このような形で進む企業がかなり多いです。

*企業によっては、先にWEBテストの場合もあり。

 

ここで、大事な考え方を共有します。

それは「なぜ企業はこの課題を課しているのか」ということです。

つまり、全ての行動や言動に対して「Why」をぶつけることです。

日本のトップの時価総額企業のトヨタ自動車では、

「5回なぜを繰り返す」ことを行なっているそうです。

そうすることで物事の本質が見えてきたり、目的意識を持って仕事に取り組めるという理由からでしょう。

このなぜを繰り返し行うことで、面接では面接官の質問の意図がわかるようになったり、就活において無駄な行動を取ることが大幅に減りました。

是非実践してみてください。

 

話が脱線しましたが、ここで考えることが必要なのは、

企業がなぜESを学生に求めているのかということです。

 

企業側の意図は大きく3点あると推測します。

1点目は、やる気のない学生をふるいにかけるためです。

2点目は、企業や業界の理解が十分であるかどうかを見極めるためです。(本選考時)

3点目は、学生のスペックを図るためです。

 

それぞれを解説していきます。

 

1点目に関しては、応募する学生が多ければ多いほど、ESを課すことで、ある程度のやる気のない学生の人数を減らしたいという真意であると思います。

 

2点目に関しては、ESの中の質問で、志望動機や志望する業界についての質問がいくつかあります。その中で学生の回答がずれていないかをチェックし、ふるいにかけます

 

3点目に関しては、ESの中のガクチカや、資格(金融業界は特に)、TOEICなどの点数を見てその学生のレベルを図っています。

 

上記3点を踏まえて、ES選考としています。

 

【時間短縮の方法】

 

私が行っていた二つのやり方を説明します。

1つ目は、ワンキャリアの活用です。

2つ目は、全ての答えをメモに記録することです。

 

1つ目の説明をすると、

結論、ワンキャリアのESをコピーすることです。

聞かれている質問や、内定者のESを見ることができます。

これを参考にするのがいいです。

参考にすべき理由は2点あります。

1点目は、圧倒的な時間短縮につながるからです。

2点目は、内定者の経験は評価されているという証拠だからです。

コピペのやり方ですが、スクショをして、LINEの画像送信の画面から、文字を読み取るというボタンを押せば自動で読み取ってくれます。

 

 

2つ目の説明をすると、

上記のES然り、すべての書くことをメモすることです。

質問内容とセットでメモをしていると、使い回しができるため非常にオススメです。

また、数をこなすうちに書き方なども慣れていくのでメモしながらレベルアップしていきましょう。

最終的な私の書き方は、下記のように書いていました。

理由を2点あると述べ、その後それぞれの事象について会社ごとの色を加えながら書き、最後に以上よりとまとめていました。

 

具体例を書きます。

 

サマーインターンを志望する理由は何ですか?

 

貴社インターンを志望する理由は3点あります。
1点目は、「働くイメージ」を鮮明にしたいからです。
2点目は、「社風を肌で感じたい」からです。
3点目は、「貴社の営業職の理解を深めたい」からです。
私は、就職活動は企業とのマッチングだと考えています。
1点目の理由は、貴社で働くイメージをより鮮明にすることで入社後のミスマッチを防ぐことができると考えています。
2点目の理由は、企業選びは「誰と働くか」が一番重要だと考えているからです。貴社の方々はどのような考えをもって仕事に取り組んでいるのかを感じ取りたいです。
3点目の理由は、私は、営業インターンの経験から、新規開拓営業をしたいと考えており、貴社の営業職への理解を深め、入社一年目から活躍していきたいと考えております。

 

上記は、どの会社でも使っていました。

このようにある程度自身の雛形を完成させ、それを提出するだけの作業にすると案外時間短縮にもなりますし、たくさんの企業のインターンに参加する機会が増えます。

この手法を使い、私は合計約30社のインターンに参加してきました。

 

ぜひ真似してみてください。

 

【これから就活を始める方にメッセージ】

 

これから就活始める方は、とりあえず行動を起こす必要があります。

自己分析や、エントリー、就活サイトやアプリに登録して情報の感度を高めておく必要があります。

以下のアプリは、私が大手含めコンサルなども多数オファーを頂いたものになります。ぜひアプリダウンロードしてみてください。

 

こちらの記事を見てどのように行動すれば良いのかを明確にしましょう。

 

rshukatsu.hatenablog.com