【現役大学生】20社内定の就活体験談

都内在住の大学生です。実体験から、ダイエット・就活・資格等の情報を発信します。

【23卒24卒】20社内定の就活ノウハウ②企業分析の秘密

こんにちは!

MARCHに通う大学生の就活伝授Part②です!

 

今回の記事は前回の続きになります。

前回の自己分析編も是非覗いてみてください!

【就活の3step】

1.自己分析⇦投稿済み
2.企業分析・業界分析⇦今回
3.ES対策・面接対策

 

まず、企業分析や業界分析をどのようにすれば良いのだろうかと悩んだ経験はないでしょうか。

私自身、大事大事と言われているのは知っていましたが、実際始めると何から調べれば良いのかわからないという現象が起きていました。

 

そこで今回は、分析する際の雛形を紹介します!

この手順で比較していくと業界内での順位であったり位置付けがわかったりします!

 

企業分析の際に調べておくべきこと!

・会社名

・設立年度

・売上高

・売上成長率

・経営者

・株式公開の有無

・ビジネスモデル

・募集職種

・経営理念

・行動指針

・社員数

・トップメッセージ

・求める人物像

・平均年齢

・平均年収

・自分を採用することへの会社のメリット

 

最後の「自分を採用することへの会社のメリット」が最も言語化が難しいと思います。

これは調べた上で、会社のカルチャーと自分の思いが合致している部分を押し出せば良いです!

また、調べる際には業界ごとに調べていくようにしましょう!

自分自身で調べることによってわかる会社の魅力がたくさんあるので、是非調べてみてください!

*トップメッセージの言葉を一部面接の際に使ったら、人事から非常にウケが良かったです。

 

しかし、調べる時間がないという人や短時間で済ませたいという人もいると思います。

そんな方には、ONE CAREERをオススメします!

ここでは企業の強みなども端的に書いてくれているため、私は面接の直前に電車などで確認してから面接に挑んでおりました!

 

個人的感想ですが、ダブルでやるのがベストです!

 

業界分析の際に調べること!

・どんな業界なのか。(ビジネスモデル)

・誰に価値提供をしているのか。(toCtoB?)

・業界の強み、弱み

・業界の競争性(代表的な既存プレイヤーと新規プレイヤー)

・業界の平均年収(儲かっている業界なのかがわかります)

 

企業分析よりは少ないですが、大事なポイントだけ調べれば十分です!

 

そして就職活動で数々の説明会やイベントに参加すると思いますので、少しずつ知識を蓄えていき、最後は自分の言葉で言えるようになりましょう!

 

最後に、私が就活の際に使っていたアプリを紹介します!

キミスカというアプリになります。

実際に数々オファーがあり、気になった企業5社から内定を頂くことができました。

・有望なベンチャー企業を知りたい(転職する際にも知ってたら有利になるかも)

・面接を受けて面接慣れをしたい

・とりあえず内定が欲しい

このような人に大変オススメです!

 

以下からダウンロードできます!

キミスカ

 

次回はES・面接対策編になります!

また覗いてくれたら嬉しいです!